〒376-0013 群馬県桐生市広沢町2丁目3124-13
  • 特大
  • 大
  • 標準

新桐生駅前動物病院の紹介

待合室

ごあいさつ

院長 宇佐美 麿美
院長 宇佐美 麿美

こんにちは。新桐生駅前動物病院・院長の宇佐美 麿美です。
昔はワンちゃんは番犬として家の庭先に、ネコちゃんはねずみを捕ってくれるようにと家の中にひっそりと居る存在で人間の残り物ご飯で飼われていたことと思います。しかし、昨今の少子高齢化も手伝ってか今やペットの存在は私達にとってはとても大きな存在で家族の一員としてなくてはならないかけがいのないものとなってきました。
日々一緒に遊んだり、ちょっとしたペットの仕草や表情に笑ったり、時には悪いことをするので叱ったり、私達が落ち込んでいるときにそばにいてくれてなぐさめられたり、そんな私達の相棒であるペットの健康を守るために飼い主さんと相談しながら一緒に考えて治療を行っていきたいと思います。

スタッフ紹介

桒原 裕美子
桒原 裕美子
動物看護師6年目 パート勤務

飼い主様と動物達が楽しい毎日を送れるようにお手伝いできたらと思います。
新屋 里花
新屋 里花
動物看護師2年目

小さい頃から動物が大好きで家では犬、猫、モルモット、鯉、ニワトリなど色々な動物を飼っていました。
飼い主様と先生の治療のお手伝いができたらと思います。
星野 晴香
星野 晴香
動物看護師2年目

経験も浅く日々勉強中の身ではありますが、私に出来ることを精一杯頑張りたいと思っています。宜しくお願い致します。
看板猫・ビオラ
看板猫・ビオラ
看板犬・茶々
看板犬・茶々
当院の看板犬 茶々が2015年8月8日に天国へと旅立ちました。あまりの悲しみと喪失感に悲嘆にくれておりましたが、輸血のドナー犬としても新桐生駅前動物病院の一員、家族としても活躍し、たくさんの楽しい時間をくれたチャーにお礼を述べたいと思います。11年間ありがとう!チャー君。
看板犬・ココナ
看板犬・ココナ
チャーより看板犬としての任務を引き継ぎ新たに新桐生駅前動物病院のメンバーに加わりましたココナです。やんちゃ盛りなお年ごろですがみんなの心を癒してくれる存在です。よろしくお願いします。

予約診療に変わりましても私共スタッフで飼い主様、ペットのわんちゃん、猫ちゃんたちのためにご不便をかけないよう努めていきたいと考えております。よろしくお願いいたします。

施設紹介

待合室
【待合室】
診察室
【診察室】
入院室
【入院室】
検査コーナー
【検査コーナー】

下の写真↓はホテル滞在時にワンちゃんを運動させる場所です。
ケージにずっと入れっ放しになっているのではないかと気にされる飼い主さんがいらっしゃいますが、 朝と夜の1日2回、ここでワンちゃんを放して遊んでもらっています。
大型犬でストレスになるワンちゃんは外に散歩に連れ出すこともあります。

運動させる場所
運動させる場所